こんにちは。沼津ヒルサイドテラスの鈴木です。

涼しいですね~気持ちのいい季節ですね。

今日は、沼津ヒルサイドテラスの人気エリアでもある「樹木葬」の「樹木」を紹介します。

北側から見るとこんな感じです。樹木葬の山の上に3本の木が植えられてます。

真ん中に「姫沙羅」。姫沙羅の両隣に「夏椿」が植えられています。虫や潮風と闘いながら、暑い夏も寒い冬も頑張ってます。小振りに見えますが、夏に剪定をしたのと、開苑して3年弱、まだ成長期です。姫沙羅は垂直によく伸びて、高さ15メートル、胸高直径90センチにもなる場合もあるらしいです。大きく成長してくれるのが楽しみです。

姫沙羅の花言葉は「愛らしさ」「謙虚」邪気を浄化して心地よい風に変え、家族関係円満にする効果があると言われているので、樹木葬の真ん中で、大きく育ってくれることをスタッフ一同願っています。

夏椿の花言葉は「はかない美しさ」「哀愁」その昔、お釈迦様が亡くなられた時、近くに生えていた事で有名になった「沙羅双樹」にとても似ているので「沙羅の木」とも呼ばれています。他にも、「サルスベリ」とも呼ばれています。

夏椿も、樹高は10メートル程まで大きくなるそうです。

頑張って、大きく成長してくれるといいな~。木の足元には、上記の花言葉をプレートにたり、季節のお花が植えられています。こちらも楽しみにご来苑ください。

樹木葬は、「子どもたちに負担を残したくない・・・」「後を継ぐ人がいない・・・」などのお客様に大変ご好評いただいております。

ご家族や、ご自分のお墓のことで気になることなどございましたら、沼津ヒルサイドテラスへお気軽にお問い合わせください。お待ちしております。