おはようございます。沼津ヒルサイドテラスでの鈴木です。

さて、今日は、いろいろな「宗派(宗教)」について少し調べてみました。

先祖代々受け継がれてきた大切な「宗派(宗教)」について、どんな教えで、宗祖様は誰なのか、私自身何も知らなかったので、調べてみました。沢山あるので、ほんの一部のご宗派を少しずつ載せていきます。

まずは、沼津ヒルサイドテラスの管理責任者であります不動院様のご宗派、「時宗」のご紹介をさせていただきます。

時宗は、一遍上人を宗祖、真教上人を二祖として両祖の教えを基に、「南無阿弥陀仏」を拠りどころににする浄土門の一流だそうです。

読み方:時宗|(じしゅう)

宗 祖:証誠大師一遍上人(智真)|しょうじょうだいし いっぺんしょうにん(ちしん)

開 宗:文永11年(1274年)

総本山:清浄光寺(遊行寺)|しょうじょうこうじ(ゆぎょうじ)

本 尊:阿弥陀仏(阿弥陀如来)|あみだぶつ(あみだにょらい)

お 経:浄土三部経「無量寿経」「観無量寿経」「阿弥陀経」を拠りどころにし、読経では、「六時礼讃」などもお読みするそうです。

大悲本願を仰ぎ  念仏に生き  念仏を喜びとする

大慈悲の阿弥陀仏におまかせする、このお念仏が一番大事なことです。仏様の光明、お念仏の中に生活させていただいていることに気づけば、私達の日常は感謝と喜びに満ち溢れるでしょう。との意味だそうです。

教 え:自分中心の考えを捨て、家業につとめ励み、むつみあえば、極楽浄土への道が開かれます。念仏に生きることが時宗のゆえんです。仏様に護られて、み光に包まれているのですから、自分たちの小さい力で念仏するのではありません。皆、み光の中にすでにあり、その限りない救済の中にあるのです。

次は、浄土宗です。

読み方:浄土宗|じょうどしゅう

宗 祖:法然房源空上人

開 宗:承安5年(1175年)

総本山:知恩院

本 尊:阿弥陀如来

お 経:「無量寿経」「観無量寿経」「阿弥陀経」の浄土三部経

教 え:阿弥陀仏のお誓いを深く信じて仏の御名を称えるならば、どの様な人間でも、そのおかさや罪深さから救われ、一切の苦しみから解き放たれて明るい安らかな生活をすることができ、立派な人間へと向上して浄土に生まれることができる。

※素人が調べたので、足りないことや、地域ご宗派の派閥によって異なることはご理解ください。

次回は、日蓮宗と臨済宗をご掲載します。それぞれの宗派(宗教)について。②へ続く・・・

多くの霊苑は「宗派問いません」ということが売りの一つになっております。本来ならば、お寺や神社に足を運んで読経をしていただいたり、檀家になってお寺様とのお付き合いを代々引き継いでいくものでしたが、時代とともにお墓やご法要、ご葬儀などの在り方が変わっていく中で、ご僧侶様達は私たちの生活に足並みを揃えてくださっていることを忘れてはいけないと強く感じております。

当霊苑もご宗派問わずご契約をいただくことができます。お寺を離れたからといって「改宗」をする必要はなく、ご先祖代々引き継がれてきている大切な「お経」(宗派)をそのまま当霊苑で引き継いでいただくことが可能です。ご法要もご納骨も、ご自分の宗派をおしゃっていただければ、そちらのご住職様に読経をお願いすることが可能です。

ご先祖様より引き継がれてきた、自分のルーツと言っても大袈裟ではない大切なものをしっかりと守り、受け継いでいくことは、自分や、今いるご家族を大切にすることに繋がっている様に感じます。ともあれ、色々な宗教の教えや哲学を知り「こうなりたい」「こうありたい」「変わりたい」など、自身やご家族に合っているものや、求めるものであるならば、ご改宗も大切なことだと思います。

お墓のこと、ご改葬のこと、どうしたらいいのかわからないことが沢山あると思います。お問い合わせはお気軽に、沼津ヒルサイドテラスまでご連絡ください。直接ご来苑いただくことも大歓迎です。

本日も素晴らしい一日になりますように・・・・。

お読みいただきありがとうございました。

2月の沼津ヒルサイドテラスの開苑時間は、午前9時より午後5時までです。